防犯カメラを駐車場に設置するべき理由|証拠を逃すな

威嚇して侵入を防止

設置場所と台数

駐車場

自宅の駐車場には、多くの人が防犯カメラを取り付けています。
泥棒は防犯カメラのある駐車場には警戒して近寄らないので、設置すればそれだけ、車の盗難を防止できる確率がアップするのです。
もちろん車だけでなく、工具や自転車などが一緒に置いてあれば、それらが盗まれることも防がれます。
つまり防犯カメラの設置により、自宅の駐車場を一層便利に利用できるようになるということです。
逆に防犯カメラがない駐車場には、泥棒が忍び込みやすいと言えます。
また自宅の玄関は駐車場の付近にあることが一般的なので、駐車場への侵入を許してしまうと、玄関も狙われやすくなります。
そのことから防犯カメラの設置は、自宅内の金品を守るためにも大事なこととされています。
ただし、駐車場全域を撮影できるような場所に設置することが肝心です。
死角があると、泥棒がそれを利用して、姿を隠しながら忍び込むことがあるのです。
つまり防犯カメラが十分に防犯効果を発揮できるかどうかは、設置場所次第ということです。
そのため設置場所は、実際に撮影をして映像を確認しながら厳選する必要があります。
どうしても死角ができるという場合には、防犯カメラを複数設置することもひとつの手です。
防犯カメラの中には、1〜4台をまとめてハードディスクドライブに接続できるものもあるのです。
これを利用すれば、四方八方からの駐車場内の撮影が可能となる上に、台数分だけ泥棒を威嚇できるようになります。

専門業者の現地調査

防犯カメラ

防犯カメラはマンションのセキュリティーやホテルの管理など安全面を支える上で不可欠な機器となりつつあります。
そして、新たな活用法として医療機関や教育機関などでも設置されるようになり、その用途が拡大しているのです。
とりわけ、需要の拡大が目立つ業界としては駐車場やコインパーキングのスペースがあり、車上荒らしの防止や駐車料金の踏み倒しを防ぐ等の目的で防犯カメラが活用されています。
防犯カメラは性能性を増している事も特徴で、従来の機器と比較し夜間でも鮮明な動画を録画できるようになったり、野外での長時間撮影が可能になるなど駐車スペースの設置に理想的な機能を完備してきているのです。
また、デザイン面でもより小型な防犯カメラが開発され、規模の小さな駐車場に設置しても目立たなくする事が可能です。
その結果、防犯カメラはあらゆるトラブルを未然に防ぐ手段として有料の駐車場には必ず設置されている機材となりました。
この防犯カメラは専門家が現地を視察して対応可能な機器を選別し、その後は設置ができる理想的な場所を探す必要があるものです。
駐車場の場合は規模が大きくなれば複数の防犯カメラを設置する事が必要になるので、ネットワークなどの通信技術を導入し多角的に駐車場の状況を確認する作業が求められます。
これら技術的な側面は専門事業者による視察が必要とされ、事業者に依頼し理想的な防犯カメラの機種や性能など様々なアドバイスを提供してもらうことが不可欠とされています。

自宅でも多い被害

警備員

防犯カメラは、セキュリティのために住宅だけでなく駐車場にも設置することが必要です。
近年は自宅の駐車場から車が盗難にあうケースも増えています。
また車に傷をつけたりパンクさせたりライトを割る被害も多発しています。
これらは近所の子供のいたずらや、通りすがりの犯行や個人的な嫌がらせなどによるものです。
特に駐車場の被害は深夜、人の寝静まった頃に集中します。
周囲には人通りもほとんどないので犯行もやりやすいからです。
防犯カメラを設置すれば犯行の抑止にもなり、画像は警察に訴える場合の証拠にもなるのです。
駐車場の防犯カメラは最低でも2ヶ所設置します。
1ヶ所は駐車場の入口に侵入者の顔や服装などが分かりやすい角度に設置します。
入口に防犯カメラを見つけると侵入者はそれだけで犯行意欲をなくしてしまうことも多いのです。
もうひとつの防犯カメラは駐車場全体が映り込むような場所に設置します。
これは侵入者の犯行状況を確実にとらえるためです。
防犯カメラは夜間撮影に適した赤外線カメラを設置します。
駐車場の外に設置する防犯カメラはスーパーやコンビニ、銀行などに設置してあるボックス型がおすすめです。
これは目立ちやすく威嚇効果も抜群です。
駐車場内には広範囲の撮影ができるドーム型の防犯カメラが便利です。
防犯カメラの性能は年々向上し、画素数も上がり人の顔もはっきり撮ることができます。
防犯カメラと一緒にセンサーも設置すればセキュリティ対策は万全だと言えます。